嗜好(読み)シコウ

デジタル大辞泉 「嗜好」の意味・読み・例文・類語

し‐こう〔‐カウ〕【×嗜好】

ある物を特に好み、それに親しむこと。好み。主に飲食物についていう。「嗜好が変わる」「日本人嗜好に合う」
[類語]好み趣味気に入り愛好同好横好き悪趣味

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「嗜好」の意味・読み・例文・類語

し‐こう‥カウ【嗜好】

  1. 〘 名詞 〙 つねづねその物事を好んで親しむこと。また、それぞれの人の好み。
    1. [初出の実例]「嗜好迴然別。賢愚亦若斯」(出典:旱霖集(1422)雑詠)
    2. 「洋装流行の嗜好(シコウ)に投ずる」(出典:内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一二)
    3. [その他の文献]〔南史‐周捨伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「嗜好」の読み・字形・画数・意味

【嗜好】しこう(かう)

このみ。〔抱朴子、至理〕夫(そ)れ圓首含氣(人)、孰(たれ)か生を樂しみ死を畏れざらんや。~豈に能くはりをてて(とほ)きを修め、嗜好を抑して目下欲をき、きの功を修めんや。

字通「嗜」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android