嗜好(読み)しこう

精選版 日本国語大辞典「嗜好」の解説

し‐こう ‥カウ【嗜好】

〘名〙 つねづねその物事を好んで親しむこと。また、それぞれの人の好み
※旱霖集(1422)雑詠「好迴然別。賢愚亦若斯」
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一二「洋装流行の嗜好(シコウ)に投ずる」 〔南史‐周捨伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「嗜好」の解説

【嗜好】しこう(かう)

このみ。〔抱朴子、至理〕夫(そ)れ圓首含氣(人)、孰(たれ)か生を樂しみ死を畏れざらんや。~はりをてて(とほ)きを修め、嗜好を抑して目下き、きのを修めんや。

字通「嗜」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android