コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーリハル Solihull

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソーリハル
Solihull

イギリスイングランド中部,ウェストミッドランズ地域南部の地区。バーミンガムの南東郊にあり,その郊外住宅地となっているほか,自動車工業や各種軽工業が行なわれる。13世紀の内陣をもつ聖アルフェジ聖堂,15世紀のパックウッド・ハウスなどがある。近くにナショナル・エキシビション・センター(1976),バーミンガム国際空港がある。面積 178km2。人口 20万3000(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android