コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾアル Zoar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾアル
Zoar

ヨルダンの低地部にかつてあったとされる町。もとの名はべラ。旧約聖書『創世記』 13章によれば,ロトがアブラハムと別れるとき,その肥沃さのゆえにゾアルまでのヨルダン低地を選んだとされる。この地はソドムやゴモラと同時に死海の底に沈んで滅びたともいわれるが (創世記 19章) ,1世紀のユダヤの歴史家ヨセフスは死海の南端の町をこの名で呼び,さらに4世紀初めのエウセビオスもこの町に言及しているので,一般には死海南東端のキルベトシークイサーと同定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゾアルの関連キーワードイブン・ズフル重合

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android