ゾアル(英語表記)Zoar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾアル
Zoar

ヨルダンの低地部にかつてあったとされる町。もとの名はべラ。旧約聖書『創世記』 13章によれば,ロトがアブラハムと別れるとき,その肥沃さのゆえにゾアルまでのヨルダン低地を選んだとされる。この地はソドムやゴモラと同時に死海の底に沈んで滅びたともいわれるが (創世記 19章) ,1世紀のユダヤの歴史家ヨセフスは死海の南端の町をこの名で呼び,さらに4世紀初めのエウセビオスもこの町に言及しているので,一般には死海南東端のキルベトシークイサーと同定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android