コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沼 おおぬま

13件 の用語解説(大沼の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

おおぬま【大沼】

北海道南西部、渡島おしま半島の駒ヶ岳南部にある堰止め湖。湖中に大小百数十の島が点在。面積5.3平方キロメートル。

おおぬま【大沼】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おお‐ぬま〔おほ‐〕【大沼】

北海道南西部にある堰(せ)き止め湖渡島(おしま)半島駒ヶ岳南麓にあり、その噴火によってできた。周囲26キロメートル大沼国定公園の中で最大の湖。平成24年(2012ラムサール条約に登録された。

おの【大沼】

群馬県中東部にある火口原湖赤城山の山頂付近にある。面積約0.9平方キロメートル、湖面標高1320メートル、最大深度16.5メートル、周囲4キロメートル。冬季氷結し、ワカサギ釣りでにぎわう。赤城湖。→小沼(この)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおぬま【大沼】

北海道南西部,渡島(おしま)支庁七飯(ななえ)町の北部に位置する湖。その南西に狭い水路で連絡した小沼,西に蓴菜(じゆんさい)沼がある。沼の周囲20km,面積5.3km2,最大深度13.6m,水面標高130mの富栄養湖である。三つの湖はいずれも駒ヶ岳火山噴出物によって折戸川がせき止められてできたもので,泥流堆積物が大小126の島,33の小湾を形成し,湖岸は変化に富んだ景観を呈する。湖岸にはエゾマツトドマツイタヤカエデシラカバなどの原生林が繁茂し,鳥獣保護区になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕大沼(おおぬま)


北海道南西部、渡島(おしま)半島の南部、渡島駒ヶ(こまが)岳(標高1131m)南麓(なんろく)にある堰止湖(せきとめこ)。面積5.3km2。南西部の狭戸(せばっと)の北端で小沼とつながる。北東岸から折戸(おりと)川が流出。ワカサギ・エビなどを養殖。大沼国定公園に指定され、周辺にキャンプ場が点在。南西岸近くの島々には橋が架かり、一帯は散策コース。北岸に駒ヶ岳登山口がある。

〔群馬県〕大沼(おおぬま)


大沼(おの)

〔群馬県〕大沼(おの)


群馬県東部、赤城(あかぎ)山山頂部にある火口原湖。面積0.88km2。南東に湿原化した覚満淵(かくまんぶち)、南に火口湖の小沼(この)がある。ツツジと紅葉の名所。キャンプ・釣り・スケートが盛ん。南岸を県道が通り、ロープウエーが地蔵(じぞう)岳展望台へ通じる。「おおぬま」とも読む。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大沼
おおぬま

別称浮島沼。山形県中部,山形盆地西側の丘陵上の浅い沼。朝日町の北部にあり,沼面に大小約 50の浮島が浮び,名勝に指定されている。沼岸に浮島稲荷神社があり,出羽三山の行者の霊場の一つとなっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大沼
おおぬま

北海道南西部,渡島半島七飯町にある堰止湖。面積 5.3km2,周囲 21km。最大水深 13.6m,水面標高 129m,最大透明度 2.5m。富栄養湖駒ヶ岳の泥流が南麓の折戸川をせき止めて大沼,小沼蓴菜沼をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大沼
おの

群馬県中東部,前橋市の北部にある赤城山火口原湖。標高 1320m。周囲 4.2km。面積約 0.8km2。半月形で最大水深 16.5m。外輪山の黒檜山(くろびさん)や中央火口丘の地蔵岳に囲まれて景色がよい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大沼の言及

【赤城山】より

…最高峰は黒檜山で標高1828m。山頂部には小カルデラ(径2~4km,深さ60~300m)があり,その中に2個の溶岩円頂丘の地蔵岳,小沼(この)火山と火口原湖大沼(おの)がある。小沼火山頂部には爆裂火口跡の小沼がある。…

※「大沼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大沼の関連キーワード渡島支庁渡島山地渡島半島檜山渡島渡島富士長万部松前大島北海道渡島〈総合振興局〉瀬棚〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大沼の関連情報