大沼(読み)おおぬま

大辞林 第三版の解説

おおぬま【大沼】

北海道南西部、渡島おしま半島の駒ヶ岳南部にある堰止め湖。湖中に大小百数十の島が点在。面積5.3平方キロメートル。

おおぬま【大沼】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐ぬま〔おほ‐〕【大沼】

北海道南西部にある堰(せ)き止め湖渡島(おしま)半島駒ヶ岳南麓にあり、その噴火によってできた。周囲26キロメートル。大沼国定公園の中で最大の湖。平成24年(2012)ラムサール条約に登録された。

おの【大沼】

群馬県中東部にある火口原湖赤城山の山頂付近にある。面積約0.9平方キロメートル、湖面標高1320メートル、最大深度16.5メートル、周囲4キロメートル。冬季氷結し、ワカサギ釣りでにぎわう。赤城湖。→小沼(この)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

大沼

北海道亀田郡七飯町、渡島半島中央部、駒ヶ岳南麓の標高130メートル付近に位置する湖。面積約6.16平方キロメートルの堰止湖。大沼国定公園中核となる湖で、3~5万年前の駒ヶ岳の噴火活動により形成された古大沼からわかれた3つの湖のひとつ。広義には周辺の湖沼群も含む。ラムサール条約登録湿地のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおぬま【大沼】

北海道南西部,渡島(おしま)支庁七飯(ななえ)町の北部に位置する湖。その南西に狭い水路で連絡した小沼,西に蓴菜(じゆんさい)沼がある。沼の周囲20km,面積5.3km2,最大深度13.6m,水面標高130mの富栄養湖である。三つの湖はいずれも駒ヶ岳火山噴出物によって折戸川がせき止められてできたもので,泥流堆積物が大小126の島,33の小湾を形成し,湖岸は変化に富んだ景観を呈する。湖岸にはエゾマツトドマツイタヤカエデシラカバなどの原生林が繁茂し,鳥獣保護区になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕大沼(おおぬま)


北海道南西部、渡島(おしま)半島の南部、渡島駒ヶ(こまが)岳(標高1131m)南麓(なんろく)にある堰止湖(せきとめこ)。面積5.3km2。南西部の狭戸(せばっと)の北端で小沼とつながる。北東岸から折戸(おりと)川が流出。ワカサギ・エビなどを養殖。大沼国定公園に指定され、周辺にキャンプ場が点在。南西岸近くの島々には橋が架かり、一帯は散策コース。北岸に駒ヶ岳登山口がある。

〔群馬県〕大沼(おおぬま)


大沼(おの)

〔群馬県〕大沼(おの)


群馬県東部、赤城(あかぎ)山山頂部にある火口原湖。面積0.88km2。南東に湿原化した覚満淵(かくまんぶち)、南に火口湖の小沼(この)がある。ツツジと紅葉の名所。キャンプ・釣り・スケートが盛ん。南岸を県道が通り、ロープウエーが地蔵(じぞう)岳展望台へ通じる。「おおぬま」とも読む。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大沼
おおぬま

別称浮島沼。山形県中部,山形盆地西側の丘陵上の浅い沼。朝日町の北部にあり,沼面に大小約 50の浮島が浮び,名勝に指定されている。沼岸に浮島稲荷神社があり,出羽三山行者霊場の一つとなっていた。

大沼
おおぬま

北海道南西部,渡島半島七飯町にある堰止湖。面積 5.3km2,周囲 21km。最大水深 13.6m,水面標高 129m,最大透明度 2.5m。富栄養湖駒ヶ岳の泥流が南麓の折戸川をせき止めて大沼,小沼蓴菜沼をつくった。湖岸には駒ヶ岳噴火の際,山体の一部が流れ出た流れ山があり,沼のなかには 126の小島をつくる。南西の小沼とは地峡部をなし,JR函館本線が通る。湖水の色は黄色を帯び,12月から 3月までは結氷する。コイ,フナ,ワカサギなどの漁獲が多く,ハスも移植された。東岸には温泉やスキー場があり,観光客も多い。大沼国定公園に含まれる。2012年,小沼,蓴菜沼を含む 12.36km2ラムサール条約に登録された。

大沼
おの

群馬県中東部,前橋市の北部にある赤城山火口原湖。標高 1320m。周囲 4.2km。面積約 0.8km2。半月形で最大水深 16.5m。外輪山の黒檜山(くろびさん)や中央火口丘地蔵岳に囲まれて景色がよい。湖岸には観光施設が多く,大洞(だいどう)はその中心。結氷する冬季には,スケートとワカサギ釣りでにぎわう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域遺産の解説

大沼

(北海道亀田郡七飯町)
ラムサール条約湿地」指定の地域遺産。
淡水湖、堰止湖群。国定公園特別地域。1958(昭和33)年北海道で最初の国定公園に指定されている

大沼

(北海道亀田郡七飯町)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

世界大百科事典内の大沼の言及

【赤城山】より

…最高峰は黒檜山で標高1828m。山頂部には小カルデラ(径2~4km,深さ60~300m)があり,その中に2個の溶岩円頂丘の地蔵岳,小沼(この)火山と火口原湖大沼(おの)がある。小沼火山頂部には爆裂火口跡の小沼がある。…

※「大沼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大沼の関連情報