コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾーム Sohm, Rudolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾーム
Sohm, Rudolf

[生]1841
[没]1917
ドイツのルター派の教会法学者。ロシュトック大学に学び,1870年にゲッティンゲン大学助教授,フライブルク大学教授。 72年にはシュトラスブルク大学で,87年以降はライプチヒ大学で一般ドイツ法と教会法を教えた。 19世紀末からの教会法の展開に対して,彼は,教会の法的規制は教会の本質に矛盾し,制度化する以前の初代教会の霊的に自由な生活こそ真の教会のあり方であると主張した。この主張は,現代神学にも影響を与えている。主著"Das Verhältnis von Staat und Kirche" (1873) ,"Institution Geschichte und System der römischen Privatrechts" (84) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゾーム【Rudolph Sohm】

1841‐1917
ドイツの法制史学者。ロストクに生まれ,ロストク,ミュンヘンで学んだ後,ゲッティンゲン,フライブルク,シュトラスブルク,ライプチヒの各大学で教え,ライプチヒで没した。彼の学風は精緻な概念操作と卓越した構成力を特徴とし,その研究領域はゲルマン法からローマ法,教会法にまで及んでいる。主著に,《フランクの帝国および裁判職》(1871),《ローマ法提要》(1883),《教会法》2巻(1892,1923)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ゾームの関連キーワードド・デューブ(Christian René de Duve)マクロライド系抗生物質ノールト・ブラバントベルヘンオプゾームリボゾームRNAフィコエリスリンペルオキシソームドインケルケンrhizomeライソゾーム病フィコシアニンミクロボディ10月29日リピドーシスフィコビリンミクロゾームドゥルーズ食細胞活動リボソームブラーシェ