学風(読み)がくふう

精選版 日本国語大辞典「学風」の解説

がく‐ふう【学風】

〘名〙 問を研究するうえでの好尚、態度、傾向。また、学校の気風校風
※志都の岩屋講本(1811)上「西の極(はて)なる阿蘭陀と云ふ国よりして、一種の学風おこりて」
※大塩平八郎(1914)〈森鴎外〉三「平八郎が隠居する数年前から、その学風(ガクフウ)を慕って寄宿したものがある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android