コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイトゴメ(大唐米) タイトゴメSedum oryzifolium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイトゴメ(大唐米)
タイトゴメ
Sedum oryzifolium

ベンケイソウ科の多年草。関東以西,四国,九州の海岸の岩上に生える。は長くはって,多数分枝し,茎の上半部や側枝は立上がって多肉質の細かい葉を密につける。5~7月頃に,分枝した茎の先に黄色の5弁花をつける。名前は葉の形が大唐米 (だいとうまい) の米粒の形に似ていることによるという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タイトゴメ(大唐米)の関連キーワードベンケイソウ科

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android