コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイトゴメ(大唐米) タイトゴメSedum oryzifolium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイトゴメ(大唐米)
タイトゴメ
Sedum oryzifolium

ベンケイソウ科の多年草。関東以西,四国,九州の海岸の岩上に生える。は長くはって,多数分枝し,茎の上半部や側枝は立上がって多肉質の細かい葉を密につける。5~7月頃に,分枝した茎の先に黄色の5弁花をつける。名前は葉の形が大唐米 (だいとうまい) の米粒の形に似ていることによるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タイトゴメ(大唐米)の関連キーワードベンケイソウ科

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android