米粒(読み)コメツブ

デジタル大辞泉 「米粒」の意味・読み・例文・類語

こめ‐つぶ【米粒】

米の粒。
[類語]玄米白米新米古米古古米うるち粳米もち糯米黒米胚芽米精白米内地米外米早場米遅場米新穀飯粒小米屑米

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「米粒」の意味・読み・例文・類語

べい‐りゅう‥リフ【米粒】

  1. 〘 名詞 〙 こめつぶ。
    1. [初出の実例]「上皇便率臣僚厨下、米粒菜根玉手親之」(出典:済北集(1346頃か)一〇・文応皇帝外記)
    2. [その他の文献]〔南史‐宋宗室及諸王伝下・晉平刺王休祐伝〕

こめ‐つぶ【米粒】

  1. 〘 名詞 〙 米のつぶ。〔和玉篇(15C後)〕
    1. [初出の実例]「米粒(コメツブ)程のものを検査して見ると、異様の虫であった」(出典:坑夫(1908)〈夏目漱石〉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「米粒」の読み・字形・画数・意味

【米粒】べいりゆう

米つぶ。

字通「米」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android