米粒(読み)べいりゅう

精選版 日本国語大辞典「米粒」の解説

べい‐りゅう ‥リフ【米粒】

〘名〙 こめつぶ。
※済北集(1346頃か)一〇・文応皇帝外記「上皇便率臣僚厨下、米粒菜根玉手親之」 〔南史‐宋宗室及諸王伝下・晉平刺王休祐伝〕

こめ‐つぶ【米粒】

〘名〙 米のつぶ。〔和玉篇(15C後)〕
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「米粒(コメツブ)程のものを検査して見ると、異様の虫であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android