コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイプライタ typewriter

翻訳|typewriter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイプライタ
typewriter

印字機。指でキーを打つことによって,紙に文字を印字するようになっている。欧文と和文の2種類があるが,欧文タイプライタは,1714年イギリスの H.ミルが特許権を得た印字機に始り,1873年アメリカのレミントン父子商会で実用品として商品化された。以来事務能率の増進のたてまえから,構造機能に改良が加えられ,迅速な印字,鮮明で読みやすい文字,大量複写もできるなどの改良が達成された。事務室用の標準型をはじめ携帯用,電動式,自動式,無音式のほかに,キーにかたかなを取付けた,かな文字用,テープ式の送受信用のものなどがある。また和文タイプライタは 1914年杉本京太が発明した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タイプライタの関連キーワードキャラクタディスプレイ装置レキシントン=フェーエットリットン・インダストリーズ日本アイ・ビー・エムキーボードプリンタ邦文タイプライター和文タイプライターインパクトプリンタキャリッジリターンワードプロセッサ計算タイプライタ漢字テレタイプタイプライタータッチシステムソフトプリントオルデンバーグミドルタウンライノタイプブラザー工業オリベッティ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイプライタの関連情報