コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和文(読み)ワブン

大辞林 第三版の解説

わぶん【和文】

日本語で書かれた文章。日本文。国文。邦文。
和語を用い、主として平仮名を用いて書かれた文。平安時代の物語などにみられる優雅な文章。
日本の文字。仮名かな

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の和文の言及

【擬古文】より

…雅文,和文ともいう。明治時代から擬古文とよぶようになった。…

【文語体】より

…文語体は,さらに多くの種類にわかれる。和文,和歌の文,宣命(せんみよう)体,漢文訓読文,和漢混淆(こんこう)文,変体漢文,普通文など。これらのうち,和文以下変体漢文までは,平安時代にすでにその形が整っており,以後現代にまで引き続き行われたものである。…

【和漢混淆文】より

…日本の文語体の文章様式の一つ。和文,漢文の両方の特色を合わせた文章。漢文や漢文の読下し文や和文と対立するもの。…

※「和文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和文の関連情報