和文(読み)ワブン

デジタル大辞泉の解説

日本語で書かれた文章。日本語の文。国文。邦文。
和語を主とし、特に平仮名を用いて書かれた文章。平安時代の和歌・物語・日記などにみられる文章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 日本語で書かれた文章。日本語でつづった文章。日本文。国文。邦文。
※琴後集(1810)序「源氏伝以後、何其無之者也、和文既有左氏荘周司馬遷之文、安得唐宋八家之文哉」
② やまとことばで書きしるした文章。平安時代の仮名文の系統に属するみやびやかな文章。漢文のほか、漢文訓読文、和漢混淆文、候文などに対するもので、漢語をあまり用いない文章。雅文。
※浮世草子・元祿大平記(1702)一「をのれが学問をひろひ出し、和文(ワブン)にいらざる聖賢の語を沢山に引あつめ」
③ 日本の文字。国字。特に、仮名をさす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の和文の言及

【擬古文】より

…雅文,和文ともいう。明治時代から擬古文とよぶようになった。…

【文語体】より

…文語体は,さらに多くの種類にわかれる。和文,和歌の文,宣命(せんみよう)体,漢文訓読文,和漢混淆(こんこう)文,変体漢文,普通文など。これらのうち,和文以下変体漢文までは,平安時代にすでにその形が整っており,以後現代にまで引き続き行われたものである。…

【和漢混淆文】より

…日本の文語体の文章様式の一つ。和文,漢文の両方の特色を合わせた文章。漢文や漢文の読下し文や和文と対立するもの。…

※「和文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和文の関連情報