印字(読み)いんじ

精選版 日本国語大辞典「印字」の解説

いん‐じ【印字】

〘名〙
印章の文字。
※後二条師通記‐応徳元年(1084)二月一九日「参殿。家中印字摸事為之如何、取御気色
タイプライター、電信機、テレックス、パソコンのプリンターなど、機械的または電気的な手段によって、文字または符号を打ち出すこと。また、その文字や符号。
※新能率生活(1945)〈上野陽一〉日本はコレデよいのか「日本だとタイプライタに仕事がたまって、中々印字ができない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「印字」の解説

いん‐じ【印字】

[名](スル)
タイプライターやパソコンのプリンターなどで、紙などに文字や符号を打ち出すこと。また、その文字や符号。
印章の文字。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android