コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカサゴキララマダニ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

タカサゴキララマダニ

関東以西の温暖な地域に生息する大型のマダニで、イノシシや馬、鹿などのほか、人への寄生例も多い。草むらなどにすみ、活動時期は春から秋口成虫は血を吸っていない状態で6~7ミリ、吸うと1センチ以上になることもある。

(2013-05-24 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカサゴキララマダニ
たかさごきららまだに / 高砂綺羅々真
[学]Amblyomma testudinarium

節足動物門クモ形綱ダニ目マダニ科キララマダニ属の吸血性の大形ダニ。雌の体長7ミリメートル、雄は6ミリメートルほどであるが、十分吸血した雌では2センチメートルを超えることもまれではない。雄は吸血しても体長は伸長しない。背甲板は硬く、淡黄色の地色に赤褐色ないし暗褐色の金属光沢に輝く色斑(しきはん)があり、前方側縁8分の1ぐらいのところに目をもち、後縁に花彩をもつ。東南アジアおよび本州の関東地方以西に分布し、イノシシにつくほか、ウマ、シカからの記録もある。幼若期は小・中形哺乳(ほにゅう)類、鳥類、爬虫(はちゅう)類にも寄生する。ヒトはよく肛門(こうもん)部や趾(し)間を刺されることがあるが、病原体の伝播(でんぱ)性は日本では知られていない。[山口 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タカサゴキララマダニの関連キーワードマダニ感染症山口

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android