コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクラ・ハイマーノト Takla Hāymānot

世界大百科事典 第2版の解説

タクラ・ハイマーノト【Takla Hāymānot】

?‐1313
エチオピア教会の再興者,アブーナ(主教にあたる教会の首長)。イスラムのスルタン領に包囲され,苦難の続く13世紀後半のエチオピアにあって,厳しい修行を積み,シェバ(現,ショワ)にデブレ・リバノス修道院を創建して教会の再興に寄与し,14~15世紀のエチオピア教会の最盛期を準備した。またエチオピアのソロモン朝の復興(1270)にも参画したといわれる。【森安 達也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タクラ・ハイマーノトの関連キーワードムザッファル朝王禎農書年輪年代測定法県外避難者永保寺光厳天皇ボッカチオ後伏見天皇ペトラルカルクセンブルク朝

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android