再興(読み)さいこう

精選版 日本国語大辞典「再興」の解説

さい‐こう【再興】

〘名〙
① 衰えたり、滅びたりしていたものが、ふたたび興ること。また、それを興すこと。
※神皇正統記(1339‐43)下「平氏のみだれに南都の東大寺、興福寺やけにしを、東大寺をば俊乗と云ふ上人すすめたてければ〈略〉頼朝もふかく喜してほどなく再興す」 〔後漢書‐竇融伝〕
② 軍隊で、一時中断していた射撃や攻撃などを再び始めること。
※歩兵操典(1928)第五五四「射撃を再興せしむるには新に射撃号令を下す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「再興」の解説

さい‐こう【再興】

[名](スル)いったん衰えたものが、勢いを盛り返すこと。また、もう一度盛んにすること。「国家の再興をはかる」「チームを再興する」
[類語]復興中興復活蘇生再生起死回生更生回復回天蘇る生き返る復旧復元還元復調復帰カムバックリバイバル再起返り咲く息を吹き返す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「再興」の解説

【再興】さいこう

再び盛んとなる。〔国語、周語下〕單(ぜん)(子)の、叔向(しゆくきやう)をる。叔向之れにげて曰く、異なる哉(かな)、(われ)之れを聞けり。曰く、一姓は再び興らずと。今、は其れ興らんか。其れ單子るなりと。

字通「再」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android