コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タケハリカビ(茸針黴) タケハリカビSpinellus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タケハリカビ(茸針黴)
タケハリカビ
Spinellus

藻菌類ケカビ目ケカビ科。天然にはチシオタケ Mycena haematopusその他のクヌギタケ属 Mycenaのキノコの上に非常に細い針を立てたように生える。その頂端にはケカビ類のものとまったく同様の胞子嚢を生じ,また有性生殖はふくれた形の配偶子嚢を生じ,それが直接接合して厚膜をおおった接合子となる。純粋培養には成功しておらず,クヌギタケ属を純粋培養したものの上に接種して菌糸を生長させている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タケハリカビ(茸針黴)の関連キーワードチシオタケ(血潮茸)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android