コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タケハリカビ(茸針黴) タケハリカビ Spinellus

1件 の用語解説(タケハリカビ(茸針黴)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タケハリカビ(茸針黴)
タケハリカビ
Spinellus

藻菌類ケカビ目ケカビ科。天然にはチシオタケ Mycena haematopusその他のクヌギタケ属 Mycenaキノコの上に非常に細い針を立てたように生える。その頂端にはケカビ類のものとまったく同様の胞子嚢を生じ,また有性生殖はふくれた形の配偶子嚢を生じ,それが直接接合して厚膜をおおった接合子となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タケハリカビ(茸針黴)の関連キーワード藻菌類蜘蛛の巣黴黒黴毛黴蠅黴鬚黴水黴クモノスカビケカビユミケカビ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone