純粋(読み)ジュンスイ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐すい【純粋】

[名・形動]
まじりけのないこと。雑多なものがまじっていないこと。また、そのさま。「純粋な(の)アルコール」「純粋な(の)秋田犬」
邪念や私欲のないこと。気持ちに打算や掛け引きのないこと。また、そのさま。「少年の頃の純粋な気持ち」「純粋な愛」
そのことだけをいちずに行うこと。ひたむきなこと。また、そのさま。「学問に対する純粋な情熱」「純粋に真理を追い求める」
哲学で、外的、偶然的なものを含まず、それ自体の内的な普遍性・必然性をさす。
学問で、応用を考えず理論だけを追究する分野。純粋数学・純粋法学など。
[派生]じゅんすいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんすい【純粋】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
まじりけがない・こと(さま)。 「 -のアルコール」
けがれがないこと。邪念や私欲のないさま。 「 -な気持ちで忠告する」 「 -な人」
ひたすらそのことだけにかかわること。一途なこと。また、そのさま。 「 -に学問的興味だけで接する」
応用や実験・経験などと関係なく、理論や形式のみを扱う学問上の立場・方法。 「 -数学」
〘哲〙 外的・偶然的なものをまじえず、それ自体の内的な普遍性・必然性をもつさま。 「 -理性」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅん‐すい【純粋】

〘名〙 (形動)
① まじりけがないこと。雑多なものがまじっていないで、ととのっていること。また、そのさま。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・道号・玉岡「石蔵淳粋弄横機、三献何須弁是非
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「彼は純粋の黒猫である」 〔易経‐乾〕
② 他の事は考えないで、その事だけをいちずに思うこと。また、そのさま。専一。ひたすら。
③ 最も大切なところ。真正な事。また、そのさま。精髄
和俗童子訓(1710)三「尚書の内、純粋(ジュンスイ)なる数篇」
④ 完全であること。完備していること。〔戦国策‐秦策下・昭襄王下〕
⑤ 邪念や私欲のためにするところがまったくないこと。また、そのさま。
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉五「たまに正直な純粋な人を見ると」
学問上、経験的内容や応用を含まずに、形式だけを取扱う理論的部門。たとえば、純粋数学のたぐい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

純粋の関連情報