純粋(読み)ジュンスイ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
まじりけのないこと。雑多なものがまじっていないこと。また、そのさま。「純粋な(の)アルコール」「純粋な(の)秋田犬」
邪念や私欲のないこと。気持ちに打算や掛け引きのないこと。また、そのさま。「少年の頃の純粋な気持ち」「純粋な愛」
そのことだけをいちずに行うこと。ひたむきなこと。また、そのさま。「学問に対する純粋な情熱」「純粋に真理を追い求める」
哲学で、外的、偶然的なものを含まず、それ自体の内的な普遍性・必然性をさす。
学問で、応用を考えず理論だけを追究する分野。純粋数学・純粋法学など。
[派生]じゅんすいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① まじりけがないこと。雑多なものがまじっていないで、ととのっていること。また、そのさま。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・道号・玉岡「石蔵淳粋弄横機、三献何須弁是非
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「彼は純粋の黒猫である」 〔易経‐乾〕
② 他の事は考えないで、その事だけをいちずに思うこと。また、そのさま。専一。ひたすら。
③ 最も大切なところ。真正な事。また、そのさま。精髄。
※和俗童子訓(1710)三「尚書の内、純粋(ジュンスイ)なる数篇」
④ 完全であること。完備していること。〔戦国策‐秦策下・昭襄王下〕
⑤ 邪念や私欲のためにするところがまったくないこと。また、そのさま。
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉五「たまに正直な純粋な人を見ると」
⑥ 学問上、経験的内容や応用を含まずに、形式だけを取扱う理論的部門。たとえば、純粋数学のたぐい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

純粋の関連情報