コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純粋 ジュンスイ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐すい【純粋】

[名・形動]
まじりけのないこと。雑多なものがまじっていないこと。また、そのさま。「純粋な(の)アルコール」「純粋な(の)秋田犬」
邪念や私欲のないこと。気持ちに打算や掛け引きのないこと。また、そのさま。「少年の頃の純粋な気持ち」「純粋な愛」
そのことだけをいちずに行うこと。ひたむきなこと。また、そのさま。「学問に対する純粋な情熱」「純粋に真理を追い求める」
哲学で、外的、偶然的なものを含まず、それ自体の内的な普遍性・必然性をさす。
学問で、応用を考えず理論だけを追究する分野。純粋数学・純粋法学など。
[派生]じゅんすいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんすい【純粋】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
まじりけがない・こと(さま)。 「 -のアルコール」
けがれがないこと。邪念や私欲のないさま。 「 -な気持ちで忠告する」 「 -な人」
ひたすらそのことだけにかかわること。一途なこと。また、そのさま。 「 -に学問的興味だけで接する」
応用や実験・経験などと関係なく、理論や形式のみを扱う学問上の立場・方法。 「 -数学」
〘哲〙 外的・偶然的なものをまじえず、それ自体の内的な普遍性・必然性をもつさま。 「 -理性」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

純粋の関連キーワード群馬の黒豚とんくろ~プラトニックラブ混合エントロピーシリカレナイトプロテロマグマ金属ナトリウムアベナリウス十勝野レッド静態的リスクビール純粋令新造形主義唯一神明造純粋社会学IUPAP凝固点降下コーエン沸点上昇純粋小説無我無心ケルゼン

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

純粋の関連情報