接合子(読み)せつごうし(英語表記)zygote

翻訳|zygote

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「接合子」の解説

接合子
せつごうし
zygote

2個の配偶子または配偶子嚢から接合の結果生じた1個の細胞。高等動植物では受精卵とほぼ同義。ケカビなどの接合菌類の場合は2個の配偶子嚢から接合子を生じるが,しばしば接合胞子 zygosporeと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「接合子」の解説

せつごう‐し セツガフ‥【接合子】

〘名〙 二個の配偶子の接合によって生じた細胞。広義には受精卵も一種の接合子であるが、一般には卵と精子の分化がみられない配偶子の合体によるものをさす。接合体。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の接合子の言及

【菌類】より

…有性生殖を行うと,この菌糸上に生殖器官が形成され,特殊な構造ができる。鞭毛菌類では接合子zygote,卵胞子oospore,接合菌類では接合胞子zygospore,子囊菌類では子囊果ascocarp,担子菌類では担子器果basidiocarpがそうである。これらの器官の形質をもとに次の分類体系ができている。…

【接合】より

…【舘 鄰】
【植物】
 植物では生殖細胞(配偶子)または生殖器官(配偶子囊)の合体を接合と呼ぶ。原生動物の場合と違って,接合によって生じるのは1細胞(接合子)である。大きさや形の等しい配偶子が合体する同形配偶子接合(クラミドモナス,アオミドロなど)と,形は似ているが大きさの異なる配偶子が合体する異形配偶子接合(アオサ,アオノリ,ミルなど)とがある。…

※「接合子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android