コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純粋培養 じゅんすいばいようpure culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

純粋培養
じゅんすいばいよう
pure culture

単一の種類や下等な藻類を取出して培養することをいう。目的とする微生物を得て生理作用などを検索するときに,まず分離培養を行なって増殖し,目的微生物の集落を取出し,その類に応じて寒天培地,血液培地,血清培地などを用いる。多細胞生物に由来する組織,細胞の純粋培養も可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅんすい‐ばいよう〔‐バイヤウ〕【純粋培養】

[名](スル)
細菌・カビなどを、他の種類を混在させない状態で、一種類だけ培養すること。
子供を社会の悪い面から隔離して成育させること。「純粋培養されたお坊ちゃん」
(比喩的に)新卒で就職した企業・団体に定年まで勤め続けること。また、幼稚園や小学校から大学まで系列校に在学し、卒業後もその学校に定年まで勤めていること。
[補説]他の社会を知らず視野の狭いことを皮肉るのに使うこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

純粋培養【じゅんすいばいよう】

ただ一種の生物や細胞のみを純粋分離して培養すること。微生物や細胞の研究にとって重要な技術。その生物(細胞)生育に好適な条件を与えつつ,一緒に生育する他の生物を排除することに技術的困難があり,平面培養などで滅菌と分離を繰り返すことによって実現される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

純粋培養

 特定の種の菌のみを培養すること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんすいばいよう【純粋培養】

( 名 ) スル
ある生物を他の種類から分離し、一種または一系統だけ培養すること。主に微生物の培養に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

純粋培養
じゅんすいばいよう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

純粋培養の関連キーワードタケハリカビ(茸針黴)F.A.J. レフラームラサキホコリカビゲオルグ ガフキーマッシュルームコッホの4原則北里 柴三郎ジフテリア菌ランビック北里柴三郎飲料製造業ヨーグルト野口 英世雑菌汚染イースト半沢 洵酢酸発酵破傷風菌硫黄細菌クローン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

純粋培養の関連情報