コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タシュハウリ宮殿 タシュハウリキュウデン

デジタル大辞泉の解説

タシュハウリ‐きゅうでん【タシュハウリ宮殿】

Toshhovli Saroyi》ウズベキスタン西部、ホラズム州の都市ヒバにある宮殿。イチャンカラ(内城)と呼ばれる旧市街の東側に位置する。19世紀前半にヒバハン国のアラクリ=ハンにより建造。17世紀建造のクフナアルクに対し、新宮殿と呼ばれる。中庭を囲む部屋は青色の彩釉(さいゆう)タイルで装飾され、柱には緻密な彫刻が施されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

タシュハウリ宮殿の関連キーワードヌルッラバイ宮殿

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android