コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タジク語 タジクごTajik

世界大百科事典 第2版の解説

タジクご【タジク語 Tajik】

ペルシア語などとともにイラン語派の西方方言群を形成する言語で,中央アジア・旧ソ連邦のタジキスタンウズベキスタンキルギスタンカザフスタンの各共和国やアフガニスタンイラン,イラク,中国新疆ウイグル自治区にまで広く分布するが,この言語の話者はイラン西方から北アフガニスタンを通ってタジキスタン共和国北東へかけての一帯に集中している。タジク語はふつう北西と南西の二大方言群に分類される。前者は旧ソ連邦内に,後者はそれを越えてアフガニスタン,イランなどに分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タジク語の関連キーワードタジキスタンの要覧インド・イラン語派タジク[人]タシケントナバーイーヤグノブ語ペルシア語バフシ川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タジク語の関連情報