タッソー夫人(読み)タッソーふじん(英語表記)Madame Tussaud

世界大百科事典 第2版の解説

タッソーふじん【タッソー夫人 Madame Tussaud】

1760‐1850
古今東西の有名人物をかたどった蠟人形で知られるロンドンの蠟人形館の創始者。本名はマリーMarie Tussaud。スイスのベルン生れ。1770年からフランス王室に出入りし,革命中は革命派シンパとして活動,当時の著名人の人形やデスマスクを制作した。1802年作品とともにロンドンに移り,イギリス国内を巡業ののち,35年現在のベーカーストリート定着。彼女の死後も新たな展示物が加えられ,1958年にはプラネタリウムも設置された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android