古今東西(読み)ここんとうざい

四字熟語を知る辞典の解説

古今東西

昔から今までと、東西四方のすべての場所。また、副詞的に、いつでもどこでも、いつの時代でもどの地でもの意。

[使用例] 予の交友は古今東西にわたり、三百人を下らざるべし[芥川龍之介*河童|1927]

[使用例] ケチなやつからお説教されて、眼がさめたなんて者は、古今東西にわたって一人もあったためしが無えんだ[太宰治*斜陽|1947]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ここん‐とうざい【古今東西】

昔から今までと、東西四方のすべて。いつでも、どこでも。「古今東西に類を見ない事件」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ここん‐とうざい【古今東西】

〘名〙 昔から今までと、東西四方のすべての場所。いつでも、どこでも。
※東京学士会院雑誌‐一一(1889)古今東西一致道徳の説〈中村正直〉「一身上の道徳に於て、古今東西に通じて、最も其要なるものは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android