タヒボ

食の医学館の解説

タヒボ

タヒボはアマゾン流域に生育するタブベイア・アベラネダエという植物の内部樹皮から抽出されます。
 インカ帝国のころから、先住民が健康の源として愛飲してきましたが、その有効性が研究発表され、注目されだしたのは、1980年代です。
○栄養成分としての働き
 タヒボにはキノンという色素成分があり、その1つがNQ801という有効成分です。NQ801の抗がん効果はキノコ抽出物より高いとの報告がありますが、それはNQ801が多彩な方法でがん細胞を抑さえ込むからです。がん細胞に直接作用して自殺を誘発し、初期転移性腫瘍(しゅよう)の浸潤を抑制し、さらにがんが新生血管をつくるのを抑えます。
 免疫を強化し、活性酸素を除去するので、老化予防も期待されます。
 またタヒボには抗炎症、鎮痛効果が認められますが、これは発痛誘発物質ブラジキニンの生成を抑制するためと考えられています。

出典 小学館食の医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android