コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生血管 シンセイケッカン

デジタル大辞泉の解説

しんせい‐けっかん〔‐ケツクワン〕【新生血管】

既存の血管から分岐して新しく形成された血管。胎児の成長過程、創傷の治癒過程などで形成されるが、関節リウマチなどの慢性炎症糖尿病網膜症悪性腫瘍などの疾患にも関与している。例えば、癌細胞は新生血管を作り出すことによって、酸素や栄養を取り込んで増殖し、血流に乗って転移する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

新生血管の関連キーワード加齢黄斑変性(加齢性黄斑変性症)ペガプタニブナトリウムiPS細胞の臨床応用緑内障(青そこひ)ベルテポルフィン網膜静脈閉塞症網膜光凝固術未熟児網膜症加齢黄斑変性球結膜下出血アルカリ中毒子どもの造血ラニビズマブ中心性網膜炎増殖前網膜症分子標的薬増殖網膜症硬膜下血腫サメの軟骨糖尿病

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新生血管の関連情報