浸潤(読み)しんじゅん(英語表記)infiltration

翻訳|infiltration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浸潤
しんじゅん
infiltration

本来その組織固有のものでない細胞が,組織の中に出現することをいう。炎症の場合にみられる多形核白血球リンパ球,組織球などの炎症性細胞や,悪性腫瘍の細胞が,周囲の組織を破壊してその中に入り込んでいく腫瘍性浸潤などがある。肺浸潤というのは,X線写真上,陰影が現れた状態の総称で本来,肺結核症のことをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐じゅん【浸潤】

[名](スル)
液体がしみ込んでぬれること。「漏水が浸潤して壁にしみができる」
水がしみ込むように、思想・勢力・雰囲気などが広がっていくこと。「生活の合理化が国民に浸潤する」
結核菌癌(がん)細胞などがからだの組織内で増殖してしだいに広まっていくこと。肺浸潤など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんじゅん【浸潤】

( 名 ) スル
液体がしみとおってぬれること。 「雨水が-する」
思想などが、人々の間にしみこみ広がること。
〘医〙 炎症や悪性腫瘍しゆようの発育の場が、隣接する組織中に侵入すること。 「肺-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浸潤
しんじゅん

がん細胞が周囲の組織へ広がっていくこと。
 遺伝子の変異によって増殖能を獲得したがん細胞は異型性を示し、局所で限局的に増殖していく。がん細胞は、局所で増殖しつつ、浸潤能を獲得していく。食道がんや子宮頸(けい)がんのような扁平(へんぺい)上皮のがんの場合、いずれはがん細胞が上皮全体を置換する。このように、上皮全体は置換したが、がん細胞がまだ上皮細胞層と結合組織の間の基底膜を越えていない状態が「上皮内がん」であり、がん細胞が基底膜を越え、上皮下の結合組織(間質)に進展することが「浸潤」である。上皮内がんの段階で切除されれば転移のリスクは低いといえる。
 なお、「転移」とは、がん細胞が原発巣(はじめに発生した部位)とは離れた組織や臓器で非連続性の腫瘍(しゅよう)を形成することであり、その経路により、血行性転移、リンパ行性転移、播種(はしゅ)性転移などに分けられる。
 浸潤と転移は一連の過程を成すもので、浸潤したがん細胞は、さらに血管やリンパ管の中に侵入し、遠隔臓器への転移に至る。[渡邊清高]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浸潤の言及

【癌】より

…癌を完全に定義づけることは難しいが,ひとまず次のようにいうことができる。すなわち,〈癌とは,多細胞生物の体の中に生じた異常な細胞が,生体の調和を無視して無制限に増殖し,他方,近隣の組織に浸潤したり他臓器に転移し,臓器不全やさまざまな病的状態をひき起こし,多くの場合生体が死に至る病気〉である。 癌は多細胞生物の病気であって,細菌やアメーバなど単細胞生物には癌はない。…

※「浸潤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浸潤の関連情報