コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活性酸素 かっせいさんそactive oxygen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活性酸素
かっせいさんそ
active oxygen

反応性の高い,酸素を含む分子,ラジカル (→遊離基 ) ,原子,一重項酸素 ( 1O2 ) の総称。酸素分子は室温では比較的安定であるが,その誘導体であるスーパーオキシドアニオン ( O2- ) ,過酸化水素 ( H2O2 ) ,OHラジカル,HO2 ラジカル,オゾン ( O3 ) ,酸素原子 ( O ) などはきわめて反応性が高い。特にスーパーオキシドアニオンや過酸化水素は,生体の酸素障害の原因物質であり,癌,炎症,老化などに関係しているといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かっせい‐さんそ〔クワツセイ‐〕【活性酸素】

化学反応が起こりやすくなった酸素一重項酸素過酸化水素スーパーオキサイドアニオンヒドロキシルラジカルなど。体内で過度に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化促進などの原因になるといわれる。また、その強い酸化力を、消毒、除菌、浄水、脱臭、大気浄化などに利用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

活性酸素【かっせいさんそ】

スーパーオキシドイオン(超酸化物イオン)O2(-/)に代表される,不安定で酸化力のきわめて強い,活性状態の酸素を含む分子種をいう。O2(-/)のほか,ヒドロキシル遊離基(・OH),一重項酸素(1O2)など。
→関連項目カテキンベータカロチン羅漢果

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

活性酸素

 活性酸素種ともいう.一重項(状態の)酸素(1O2),ヒドロキシラジカル(・OH),スーパーオキシドアニオン(O2),ペルオキシル(RO2・),アルコキシル(RO・),ヒドロペルオキシル(HO2・),過酸化水素(H2O2),次亜塩素酸(HOCl),オゾン(O3),ペルオキシ硝酸(ONOO)などを総称していう.これらはいずれも反応性に富み,種々の分子と反応して過酸化などを起こす.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かっせいさんそ【活性酸素】

原子状態の酸素や電子状態が不安定な酸素分子。生体内では白血球の殺菌作用など多くの生理現象に関与する。細胞を直接的あるいは間接的に傷つけ、老化の一因をつくる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

活性酸素
かっせいさんそ
active oxygen

普通の酸素に比べ著しく反応性が増した酸素をいう。その原因は、原子状態の酸素または励起状態の酸素分子の生成によるものとされる。発生期(機)状態の酸素といわれるものもこの活性酸素のことである。酸素気体を低圧下で放電したとき、または紫外線を照射したとき酸素原子を生じるという。あるいは触媒として用いられる金属などに吸着された酸素が活性酸素を生じる。また生体内での酵素オキシゲナーゼの作用で活性酸素を生じ、過酸化物を生じるために毒性を示すものとされている。オゾンや過酸化水素ができる反応には原子状の酸素が関係している。活性窒素と反応して酸化窒素をつくる。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の活性酸素の言及

【ペルオキソホウ酸(ペルオキソ硼酸)】より

…過酸化水素生成反応は実用的に有用で,羊毛,絹,ストロー,象牙等の漂白,洗浄,毛髪の脱色,消毒等に用いられ,〈固体過酸化水素〉の性格をもつ。ペルオキソ基中の酸素1原子ぶんを活性酸素と呼び,その含有量で有効性の目安とする。活性酸素を15%以上含む塩は,こすっただけで爆発することがあるから取扱いには注意し,密閉して冷所に保存する必要がある。…

※「活性酸素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

活性酸素の関連キーワードスーパーオキサイドディスムターゼ老化(加齢)するということウイルスウォッシャー機能スーパーオキシドイオンスーパーオキサイドサーチュイン遺伝子ペルオキシソームポリフェノールアントシアニンクエンチャービタミンB群フラボノイドカロテノイド酸化ストレス大阪みかんビタミンAメチオニン過酸化脂質パラコート抗酸化物質

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活性酸素の関連情報