コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タフテソレイマーン タフテソレイマーン Takht-e Soleymān

1件 の用語解説(タフテソレイマーンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タフテ‐ソレイマーン(Takht-e Soleymān)

イラン北西部、西アーザルバーイジャーン州の町タカーブ近郊にある遺跡。アケメネス朝時代にゾロアスター教の聖地として寺院が建てられ、ササン朝ペルシア時代に城壁や塔が築かれ要塞化が図られた。ホスロー1世および2世の時代に盛期を迎え、多くの巡礼者が訪れたが、7世紀に東ローマ帝国の侵攻を受けて衰退。その後、イル‐ハン国時代に再興したが、17世紀頃に廃墟になった。2003年に世界遺産文化遺産)に登録された。タフティソレイマン。タフテスレイマーン。タハテスレマーンタクテソレイマン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タフテソレイマーンの関連キーワードアゼルバイジャン語ザンジャーンアースターラーオルーミーイェオルーミーイェ湖キャンドバーン聖タデウス修道院ボスターンアーバードマークーラーヒージャーン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone