タフテソレイマーン(英語表記)Takht-e Soleymān

デジタル大辞泉「タフテソレイマーン」の解説

タフテ‐ソレイマーン(Takht-e Soleymān)

イラン北西部、西アーザルバーイジャーン州の町タカーブ近郊にある遺跡アケメネス朝時代にゾロアスター教聖地として寺院が建てられ、ササン朝ペルシア時代に城壁や塔が築かれ要塞化が図られた。ホスロー1世および2世の時代に盛期を迎え、多くの巡礼者が訪れたが、7世紀に東ローマ帝国侵攻を受けて衰退。その後、イル‐ハン国時代に再興したが、17世紀頃に廃墟になった。2003年に世界遺産(文化遺産)に登録された。タフティソレイマン。タフテスレイマーン。タハテスレマーンタクテソレイマン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android