コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タブブラウザー たぶぶらうざー

知恵蔵の解説

タブブラウザー

ブラウザーの形態のひとつ。ひとつのウィンドーに複数のページのデータを読み込み、タブ(見出し)をクリックして表示する内容を切り替える(タブブラウズ)機能を持つもの。一度に多くのページにアクセスしてもブラウザーのウィンドーが画面にたくさん並ばず、表示するページの切り替えも楽なことからユーザーの支持を得、ブラウザーの主流となっている。ただし、複数のページを画面内に同時に(並べて/重ねて)表示するには、これまで通り複数のウィンドーを開く必要がある。マイクロソフトがInternet Explorer 7でタブブラウズを導入したことにより、Firefox、Opera、Safari等、主流のブラウザーはすべてタブブラウザーになった。グーグルのChromeもタブブラウザーである。画面解像度やデータ処理能力の向上により、携帯電話等のパソコン以外の機器向けブラウザーも、タブブラウザーが標準的になりつつある。

(斎藤幾郎 ライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

タブ‐ブラウザー(tab browser)

一つのウインドーに表示した複数のウェブページを切り替えて閲覧することができるブラウザータブというGUIの仕組みの一つを利用する。他の一般的なブラウザーと異なり、新しいウェブページを開くたびに、ウインドーが作成されるという煩雑さがない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

タブブラウザー【tab browser】

ひとつのウィンドウに複数のウェブページを切り替えて表示できるウェブブラウザーの総称。従来は複数のページを開くとウィンドウの数が増え、使い勝手が悪かったが、タブブラウザーならばひとつのウィンドウで済み、メモリーの節約にもなる。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

タブブラウザーの関連キーワードGoogle Chromeオペラ(コンピュータ)ファイアフォックスグーグルクロームファビコンサファリオペラ