コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タブロイド判 タブロイドバン

大辞林 第三版の解説

タブロイドばん【タブロイド判】

普通の新聞紙一ページの半分の大きさの新聞・雑誌。タブロイド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

タブロイド判

1ページが普通の新聞の大きさ(スタンダード判あるいはブランケット判)の半分でB4判程度の大きさの判型,およびこの型の新聞.スタンダード判に比べ,制作が容易で携帯に優れているという利点を持ち,広報紙,業界紙社内報,学校新聞などに広く用いられている.1919年に米国のシカゴトリビューン社が絵入りで記事を要約した日刊新聞をこの大きさで発行したのが最初といわれる.その後,米国ではこの大きさの新聞の内容が卑俗化したため,通俗大衆紙(記事は短めで平易,写真やイラストが大きい,大衆受けする事件を派手に扱うなどの特徴がある)のことを「タブロイド新聞(tabloid paper)」と呼ぶようになった.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

タブロイド判の関連キーワードノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥンクニューヨーク・デーリー・ニューズデーリー・メールフリー・ペーパー大新聞・小新聞絵入自由新聞サンデー毎日沖縄タイムスニューズデイタブロイド紙マードックへちまの花聖公会新聞参考消息新民晩報大学新聞夕刊フジ湘江評論週刊朝日プラウダ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タブロイド判の関連情報