コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判型 はんけい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

判型

印刷用紙のサイズおよび規格、または書籍の仕上がりサイズ。JIS規格ではA系列とB判系列の2つがある。A4やB5などのサイズは、この規格に基づいている。米国の判型でよく用いられるものには、レターやリーガルがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんけい【判型】

書籍,雑誌のほか,事務用品など紙加工品の仕上がり寸法を指す。判形とも書き〈はんがた〉とも読む。元来,用紙の大きさに由来し,和紙と洋紙に大別される。和紙による和装本の代表的な大きさには,美濃判半紙判がある。美濃紙(書院紙ともいう)を用い,長辺二つ折りにした大きさの本(300mm×210mm)を美濃判または美濃本という。半紙を用い,長辺を二つ折りにした大きさの本(250mm×170mm)を半紙判または半紙本という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はんけい【判型】

本の大きさ。 A5 判・ B4 判など。はんがた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

判型

(1)図書の大きさ.用紙の大きさに関係し,日本では次のような歴史的変遷がある.〈1〉和紙を用いた和装本の大きさで,美濃紙や半紙を用いた美濃判,半紙判.〈2〉明治初期からの洋紙を用いた洋装本の大きさで,菊判四六判など.〈3〉日本工業規格(JIS)に定められ,現在に及んでいるもの.規格判.A列とB列の2系統あり,各0号から12号からなる大きさ.例えばA4判B5判などと呼ばれている(A4判はA列0号を4回二つ折りした大きさ,B5判はB列0号を5回二つ折りした大きさのこと).また,規格外のものとしてA判20取,B判40取(新書判)などがある.(2)西洋で,全紙を折り畳んだ回数で示す言葉の総称.例えば,全紙を1回折って4ページにした二つ折り判(フォリオ判,folio),2回折った四つ折り判(クォート判,quato)などがある.希書の記述のように詳細な書誌記述を行う場合に用いる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

判型の関連キーワードノイエ・チュリヒャー・ツァイトゥング資料又は刊行方式特性細目エリアエブリマンズ・ライブラリーリトル・マガジンタブロイド紙タブロイド判婦人俱楽部ハトロン紙ポケット判ことりっぷ判形・判型破順排架印刷用紙オクタボ週刊朝日スキラ判プロッタ湖沼図縮刷版ポター

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

判型の関連情報