タブーン遺跡(読み)タブーンいせき(英語表記)Mugharet et-Tabun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タブーン遺跡
タブーンいせき
Mugharet et-Tabun

イスラエル北西部,カルメル山の地中海に面した西斜面にある石灰岩洞穴内の遺跡。約 10mの堆積層で7層から成り,最上層から第4層まではルバロア=ムスティエ期,第5,第6層はアシュール期に比定されている。 1929~34年のアメリカ先史学研究所とイギリスの考古学研究所の合同調査により,ルバロア=ムスティエ期層から多くの化石人骨が発見された。このうち,タブーンIは成人女性の全身骨で,復元身長約 154cm,脳容量 1270cm3で,頭骨の諸特徴からネアンデルタール人に近いといわれる。タブーン IIは成人男性の下顎骨で,そのほか大腿骨片,約4個体分の歯が発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android