コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下顎骨 かがくこつmandible

翻訳|mandible

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下顎骨
かがくこつ
mandible

あごの骨のこと。顔面頭蓋の最下部にある馬蹄形の骨。弓状に曲った下顎体と,その後端から上方へ伸びる左右の下顎枝から成る。下顎体の上面歯槽で,歯が入る。下枝の先は前後に2つの突起 (筋突起関節突起) があり,筋突起は側頭筋の付着部となり,関節突起は側頭骨顎関節により結合している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かがく‐こつ【下顎骨】

下あごをつくる、U字状の骨。顔面の骨の中で最も大きい。左右両端で側頭骨と顎関節をなす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かがくこつ【下顎骨 mandible】

哺乳類の下顎(下あご)の骨格。人体解剖学上の名称で,比較解剖学的には〈歯骨dentary〉が正しい。あごをもつ脊椎動物の下顎の骨格の原始の姿はサメなど現存の軟骨魚類のもつ〈下顎軟骨〉に見ることができる。進化がすすんで棘魚(きよくぎよ)類,硬骨魚類などの段階になると,もとからある下顎軟骨の周囲に数種類の骨が二次的に発生し,下顎骨格は片側が数個の骨で構成されるようになる。硬骨魚類,両生類,爬虫類,鳥類の下顎骨格は原則的にこの状態にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かがくこつ【下顎骨】

下顎を形成する馬蹄形の骨。左右の顎関節で側頭骨と結合している。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の下顎骨の言及

【頭骨】より

…この発見は解剖学史上,進化史上,重要な発見であった。下顎骨mandible(mandibula[ラテン])下あごの支柱をなす骨。ヒトでは正中線で合着し,一つの骨になっている。…

【頭骨】より

…この発見は解剖学史上,進化史上,重要な発見であった。下顎骨mandible(mandibula[ラテン])下あごの支柱をなす骨。ヒトでは正中線で合着し,一つの骨になっている。…

【あご(顎)】より

…【原田 英司】
【脊椎動物のあご】
 脊椎動物では,あごとは口腔の上および下の領域を指し,上顎と下顎があるが,その範囲は明確でない。下顎は下顎骨を中核とし口を開閉するために上下に動く部分の全体である。上顎は口を閉じたとき下顎に対応し,口の天蓋(てんがい)をなす部分の全体だが,その境界ははっきりしない。…

【頭骨】より

…広義にはこの構造と下あごの骨格との複合体を指し,さらに最も広義にはこれらのほか,舌骨やえらの骨格までも含めた全体的骨格を意味する。頭骨はまた頭蓋(ずがい)(cranium,解剖学では〈とうがい〉とよむ)ともいい,俗に頭蓋骨ともいうが,頭蓋は狭義の頭骨で,ふつうは下顎(かがく)骨格を含まない。比較解剖学的には本来最も広い意味に解すべきだが,ここでは広義にとり,頭骨は頭と下顎骨格とからなるものとしておく。…

※「下顎骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下顎骨の関連キーワードパラウストラロピテクス・エチオピクスメガントロプスパラエオヤワニクスアトラントロプスハイデルベルク人テルニフィン遺跡ピテカントロプスギガントピテクスラノーレット遺跡ナトロン化石人骨ケーニヒスワルトテラントロプスピルトダウン人メガントロプスチルチェオ遺跡ワジャク人藍田原人こめかみ内臓頭蓋頭蓋骨小顎症

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下顎骨の関連情報