コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマウキガイ タマウキガイGlobigerina bulloides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマウキガイ
Globigerina bulloides

原生生物界有孔虫門タマウキガイ科。グロビゲリナともいう。殻長 0.1~0.5mm。卵円形の殻室が螺旋状に配列するが,あとからできる殻室のほうが大きくなる。殻室は薄い石灰質で,多数の細孔の上から長いとげが出ている。新生代始新世から現在にかけて世界的に分布している。死殻がほかの有孔虫類の死殻とともに沈積して,グロビゲリナ軟泥を形成することがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タマウキガイ【Globigerina bulloides】

根足虫綱有孔虫目タマウキガイ科の原生動物。海洋のプランクトンで,世界の海に広く分布している。殻長は0.1~0.3mm,卵円形の殻室を渦巻状に配列していて,上面からはすべての殻室が見える。殻室はあとからできるもののほうが大きくなる。殻は薄い石灰質で,多くの小さい穴があり,その間より細長いとげを出している。死んで殻が中心となって海底に沈積したものをグロビゲリナ軟泥Globigerina oozeといい,大洋の水深2500~4500mの海底を覆っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android