コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有孔虫類 ゆうこうちゅうるいForaminiferida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有孔虫類
ゆうこうちゅうるい
Foraminiferida

原生生物界有孔虫門に属する種類の総称。有で,殻径 0.1cm以下のものが多いが,10cmほどの大型種も知られている。殻は石灰質,ケイ酸質からなり,内部は単室あるいは多室に分かれ,それらが螺旋状に並んでいる。単細胞生物で,殻の開口部から糸状の仮足を出して運動し,プランクトンを捕食する。最古の生物で,現生種のほか多くの化石種も知られ,現生種でしかも新第三紀の化石種というものもある。ほとんどが海産。大量に堆積して軟泥をつくり,地層学の研究,油田探査などに役立っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

有孔虫類の関連キーワードドービニー(Alcide Dessalines D'Orbigny)ジョセフ・A. カッシュマンゾルンホーフェン動物群ミオジプシノイデスサンゴ礁(珊瑚礁)フロスキュリネラネオシュワゲリナファッシオリテスディスコキクリナビプラニスピラプロフズリネラパレオフズリナレピドキクリナパラフズリナ石灰質堆積物浮遊性有孔虫ミオジプシナタマウキガイアメーバ運動ハントケニナ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android