コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルシシ タルシシTarshish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルシシ
Tarshish

旧約聖書に出てくるヤワンの子およびその居住地名。アッカド語で「精錬所」を意味する語に由来するといわれる。ソロモンが「タルシシの船団」で,金,銀,スズ,鉛,象牙,サル,クジャクなどを積出した港であった (列王紀上 10・22ほか) 。南スペインのタルシス (タルテソス) という説が古来有力であるが,地中海の港,紅海やインド洋沿岸の港などの諸説があり,確定されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タルシシの関連キーワードトゥルデタニ族旧約聖書ヨナ書

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android