タンニネン(読み)たんにねん(英語表記)Oili Tanninen

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンニネン
たんにねん
Oili Tanninen
(1933― )

フィンランドの絵本・童話作家。本国とイタリアの美術学校でモザイクを学び、その技法を絵本に生かした。日本の折り紙をちぎって、単純な形と単色を組み合わせて貼絵(はりえ)にしたナンセンス絵本『ヌンヌ』シリーズでアンデルセン優良賞を3回受賞した。社会や家庭のできごとから着想を得て、思いやりをテーマにした明るくユーモラスな作品が多い。童話『ロボットのロムルスくん』(1968)など六作品が邦訳されている。[高橋静男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android