単色(読み)タンショク

デジタル大辞泉の解説

たん‐しょく【単色】

1色だけで他の色のまじっていない色。「青を単色で使う」
プリズムによって太陽光線を分光したときの七原色の一つ一つの色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんしょく【単色】

単一の色。また、いわゆる光の七原色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐しょく【単色】

〘名〙 ただ一つの色。また、七原色の一つ一つの色。
※田園の憂鬱(1919)〈佐藤春夫〉「殆んど無限な色彩をその単色のなかに含ませていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単色の関連情報