タンヌ・オーラ[山脈](英語表記)Tannu‐ola

世界大百科事典 第2版の解説

タンヌ・オーラ[山脈]【Tannu‐ola】

モンゴル高原北西部にある山脈。ロシア連邦のトゥバ共和国とモンゴルにまたがっている。東タンヌ・オーラ山脈と西タンヌ・オーラ山脈に分かれ,全長300km。平均高度は2400m,最高峰は3061m。エニセイ川の支流が北斜面から流れ出ており,北斜面はタイガ,南斜面は山岳ステップとなっている。トゥバ族が居住し,モンゴル族もいる。【吉田 順一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android