コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターラナータ ターラナータ

2件 の用語解説(ターラナータの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターラナータ
ターラナータ

チョナン派」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ターラナータ
たーらなーた
Trantha
(1573―1615?)

チベットの僧。チベットのツァン州に生まれ、幼名をクンガニンポと称した。チベット仏教サキャ派の枝派ジョナン派に属し、1608年、35歳のときに『ターラナータ仏教史』として知られるインド仏教史を著した。彼の仏教史の特色は、後期大乗時代より密教時代にかけての叙述にあるとされている。晩年は蒙古(もうこ)(モンゴル)に至り、清(しん)朝皇帝の保護の下に多くの寺を建立し、同地で没した。これにより彼はジェツンダンパの称号を受け、以後その転生者(てんしょうしゃ)がいわゆるクーロン(庫倫(くろん))活仏となった。[木村隆徳]
『寺本婉雅訳注『ターラナータ仏教史』(1928・丙午出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone