コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイバージェンス divergence

翻訳|divergence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイバージェンス
divergence

ベクトル場 A=(AxAyAz) において,divA=∂Ax/∂x+∂Ay/∂y+∂Az/∂z で定義されるスカラー divAA のダイバージェンスまたは発散という。また微分演算子ナブラ ▽=(∂/∂x,∂/∂y,∂/∂z) と A とのスカラー積と考えて,divA=▽・A と表わすこともできる。静磁場におけるガウスの法則は,磁束密度B とすると,divB=0 となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のダイバージェンスの言及

【発散】より

収束
[ベクトル場の発散]
 空間に一つのベクトル場vが与えられているとする。(x,y,z)を空間の点の直交座標とし,この座標系に関するvの成分を(u,v,w)とするとき,と書いて,これをベクトル場vの発散またはダイバージェンスという。divv=0は,物理的にはわき出しも吸込みもないことを表す。…

※「ダイバージェンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダイバージェンスの関連キーワードラプラシアンスカラー積diva佐藤利奈ガウス発散

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android