コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイヤモンドライクカーボン だいやもんどらいくかーぼんdiamond-like carbon

知恵蔵の解説

ダイヤモンドライクカーボン

硬さなどダイヤモンドに近い性質を持つアモルファスなカーボン膜の総称。その構造は長範囲では規則的ではないが、短範囲においてはダイヤモンド構造が持つ結合を有している。DLC膜はプラズマCVD法などにより作製され、高硬度や優れたトライポロジー特性(低摩擦性、耐摩耗性)、耐食性などの特性を有している。優れた低摩擦性や耐摩耗性により、コンピューターの磁気ディスク表面の保護膜や、各種の加工工具、電気カミソリなどにも利用されている。今後も、エンジン部品、水圧機器部などへ用途の拡大が検討されている。

(岡田益男 東北大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダイヤモンドライク‐カーボン(diamond-like carbon)

炭化水素または炭素の同素体からなる非晶質。ダイヤモンドと黒鉛の中間的な性質をもつ。ふつう金属やプラスチックの表面のコーティングとして用いられ、アモルファスカーボン膜硬質炭素膜ともよばれる。高硬度で、耐摩耗性、化学的安定性にすぐれる。DLC。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android