同素体(読み)どうそたい

百科事典マイペディアの解説

同素体【どうそたい】

同じ元素単体でありながら,構成する原子の配列,結合の仕方が異なるため,異なった性質を示す単体が2種以上存在するとき,それらを互いに同素体という。たとえば,ダイヤモンドと石墨,酸素とオゾン,黄リン赤リンなど。
→関連項目硫黄

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

同素体

一種類の同じ元素からできていながら性質の異なる単体を,互いに同素体であるという.ダイヤモンドと黒鉛などは同素体である[長倉ほか : 1998].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうそたい【同素体 allotrope】

同一の元素(同じ原子番号Zの原子種)が,原子配列や結合のしかたの異なる種々の単体(分子または結晶)として存在するとき,これらの単体を同素体allotropeと呼び,この関係にある単体は互いに同素体allotropyであるという。単体結晶における多形の現象もその多くは原子配列の相違による同素体の例である。酸素O2とオゾンO3,ダイヤモンドと黒鉛,黄リンと赤リン,α硫黄とゴム状硫黄など多くの例がある。多形【藤本 昌利】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうそたい【同素体】

同一の元素から成る単体で、互いに分子構造や物理的・化学的性質を異にする物質。酸素とオゾン、黄リンと赤リン、ダイヤモンドと黒鉛など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

同素体
どうそたい
allotrope

同じ元素の原子からできているが、単分子を構成する原子数の異なる単体、あるいは同一の化学組成でありながら、原子の配列、結合様式の異なる単体を互いに同素体であるという。たとえば、普通の酸素ガスO2とオゾンO3は、その原子数は異なるが、いずれも酸素原子からなる同素体である。また原子の配列、結合様式の異なるものは、結晶単体の場合に多くみられ、たとえばゴム状硫黄(いおう)、単斜硫黄、斜方硫黄などは結晶形の異なる同素体である。また、ダイヤモンド、黒鉛、フラーレン、カーボンナノチューブなどはいずれも炭素原子からなる同素体である。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

どうそ‐たい【同素体】

〘名〙 同一の元素からなるが化学結合の仕方や結晶中の原子配列が異なる分子または結晶。酸素とオゾン、ダイヤモンドと黒鉛など。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同素体の関連情報