ダイヤモンドリング(英語表記)diamond ring

大辞林 第三版の解説

ダイヤモンドリング【diamond ring】

皆既日食の時に黒い月面の一端から太陽光が瞬間的に漏れて見える現象。第二接触直前と第三接触直後に、月面の縁の谷間から背後の太陽光が数秒間ずつ暗くなった空に輝く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のダイヤモンドリングの言及

【日食】より

…そして月の最後の谷間だけから太陽光がもれて,暗くなった空に1ヵ所だけ輝いて見える。これをダイヤモンドリングという。これも数秒で隠される。…

※「ダイヤモンドリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダイヤモンドリングの関連情報