直前(読み)ちょくぜん

精選版 日本国語大辞典「直前」の解説

ちょく‐ぜん【直前】

〘名〙
① ある時になるすぐまえ。事の起こるすぐまえ。
※最後の一句(1915)〈森鴎外〉「大嘗会と云ふのは、〈〉元文三年十一月二十三日の直前(チョクゼン)、〈略〉桜町天皇が挙行し給ふまで、中絶してゐたのである」
② 物のすぐ前の位置。
※競馬(1946)〈織田作之助〉「ゴール直前で白い息を吐いてゐる先頭の馬」
③ (━する) まっすぐ前に進むこと。ただちに進み出ること。じきぜん。
日本外史(1827)五「正行不顧、以三百騎直前」 〔漢書‐外戚伝下・孝元馮昭儀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「直前」の解説

【直前】ちよくぜん

まっすぐ進む。〔漢書、外戚下、孝元馮昭儀伝〕昭中、上(しゃう)虎圈に幸し、獸をはしめ、後宮皆坐す。、佚して圈を出づ。~左右の貴人傅昭儀等、皆き走る。馮、直して熊に當りて立つ。左右、熊を格す。

字通「直」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android