コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダチョウゴケ Ptilium crista‐castrensis (Hedw.) De Not.

1件 の用語解説(ダチョウゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダチョウゴケ【Ptilium crista‐castrensis (Hedw.) De Not.】

ハイゴケ科の美しい大型の蘚類。北半球に広く分布し,日本では亜高山帯から高山帯の腐植質土に群生する。植物体は黄緑色で斜上する。茎は長さ10cm以上に達し,規則正しく羽状に分枝する。主茎の葉は幅広く,下半部は広卵形,上半部は尾状で後方へ強く鎌形に曲がる。中央脈は短く不明りょう,葉面に縦じわがある。枝の葉は主茎の葉よりもはるかに小さい。蒴(さく)は湾曲した円筒状で傾き,蒴歯は内外2列に並ぶ。和名は柔らかく端正な姿の植物体をダチョウの羽毛に見立てたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone