コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマヤンティー ダマヤンティー Damayantī

1件 の用語解説(ダマヤンティーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダマヤンティー
ダマヤンティー
Damayantī

インドの大叙事詩マハーバーラタ』のなかにある挿話の一つ『ナラ王物語』に登場する王妃の名。ビダルバ国王ビーマの王女で,ナラ王と結婚し,その純愛が物語の主題となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダマヤンティーの言及

【ナラ王物語】より

…もと,叙事詩第3巻は王国を追われた悲運の王子の森林生活を描くため,一時的に不幸に襲われても必ず最後に幸福が訪れる古譚を語って,仙人たちが王子を激励する物語が繰り返され,ナラ王物語もこの種の物語の一環をなすが,内容の興味と描写の美しさから,つとにインドの内外で愛好されている。若くして武術に令名を馳せた美貌の王子ナラ王と隣国の王女ダマヤンティーは,ハンサ鳥の取りもつ縁で相思相愛の間がらとなり,神々の試練を経てめでたく結婚し,1男1女をもうける。しかるに賭博の悪魔カリに取り憑かれ,弟のプシュカラとの賭博に敗れて王位を追われ,愛妻とともに山野を流浪する。…

※「ダマヤンティー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダマヤンティーの関連キーワードクリシュナサービトリー物語マハーバーラタラージャシェーカラバーラト摩訶婆羅多バーラタナーティヤム横浜ハーバースバーラタバルシャマハーバリプラムの建造物群

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone