コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーウィンハナガエル Darwin’s dwarf frog

1件 の用語解説(ダーウィンハナガエルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダーウィンハナガエル【Darwin’s dwarf frog】

雄が幼生を育児する変わった繁殖習性をもつハナガエル科のカエルで,ビーグル号航海中のC.ダーウィンによって発見された(イラスト)。現地名はバケロ。チリ,アルゼンチン南部に分布し,体長3cmほどの小型。体は枯葉形で,吻(ふん)部が細長くのびて小突起となっている。広葉樹林にすみ,体色は黄褐色から緑褐色まで変異が多い。食性はよくわかっていない。繁殖期には雌のまわりに数匹の雄が集まり,産卵された20~30個の卵のそばで,10~20日間ほど見守る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダーウィンハナガエルの関連キーワード育児幼形成熟幼生器官異俗後身習性た繁み竹攀禽類物好き者グレイワッケ化作用

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone