コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダームガーン Dāmghān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダームガーン
Dāmghān

イラン北部,セムナーン州の主要都市。エルブールズ山脈南麓の広い不毛の砂礫性の平原中,標高 1200mに位置する。ホラーサーン州にいたる鉄道と道路に沿う。中世にはクミス地方の重要な町であったが,1723年にアフガン人によって破壊された。現在ピスタシオナッツとアーモンドの集散地である。イラン最古と思われるモスク,ターリーク・ハーネ (9世紀頃) と4つの美しい中世の塔が現存する。付近のタペヒッサールには原始時代からササン朝にいたる遺跡がある。人口3万 4057 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダームガーンの関連キーワードテペ・ヒッサル遺跡テペ・ヒッサールヘカトンピロスマヌーチフリーギヤン遺跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android