コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チアンジュール Cianjur

世界大百科事典 第2版の解説

チアンジュール【Cianjur】

インドネシア,ジャワ島西部のグデ山(標高2958m)の麓にある小都市。人口は推定7~8万。ジャカルタの南東90km,バンドンの西60kmに位置する。西部ジャワ州の同名県(人口139万。1980)の県都。周辺は良質のチアンジュール米を産する穀倉地帯で,美しい高原都市であるが,主要商店は華人の経営になる。スンダ民謡チアンジューランCianjuranの発生の地ともいわれ,スンダ文化伝承の地でもある。ヒンドゥー時代のタンジュン・シングルTanjung Singguru朝の遺跡も近郊にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチアンジュールの言及

【スンダ族】より

…村落は農業を生業とし,灌漑によって水稲耕作を行う。とくにバンドンの西50kmの高原地帯に位置するチアンジュールは良質米の産地として有名である。 西ジャワのうちまだ古い伝統・慣習を残すドゥク村では,村人は村外に職を求めず,村内婚を行い,また敬虔なイスラム教徒である。…

※「チアンジュール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android