チェコスロバキア音楽(読み)チェコスロバキアおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェコスロバキア音楽
チェコスロバキアおんがく

古くからヨーロッパ諸国の政治的,宗教的紛争の影響を受け,音楽も多分にその状態を反映している。ボヘミア地方の音楽は旋律の構成法,リズム,形式に規則的な性格を示し,一方スロバキア,南モラビア地方のものは,不規則性と自由な構成がその特色となっている。バッグパイプはこの地方の代表的楽器である。また最近では,民俗楽器のダルシマーを加えたブラス・バンドが復活している。芸術音楽では,18世紀に活躍したベンダ兄弟や J.シュターミツもボヘミアの出身である。『売られた花嫁』で知られる近代チェコ音楽の創始者 B.スメタナ,交響曲作曲家 A.ドボルザーク,『メッシナの花嫁』の作者 Z.フィービヒは古典的,伝統的傾向が強い。一方モラビア出身の L.ヤナーチェクは民族的傾向を一層明確に示した。 J.フェルスターは現代音楽への橋渡しをし,即物主義的傾向とともに 20世紀の新しい道が V.ノバーク,J.スークらによって開かれた。その後は,伝統を尊重する流れと,4分音音楽で有名な A.ハーバに代表されるむしろ世界的傾向をもつものに分れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android